人間工学と健康

健康な仕事スタイルのために、あなたのワークステーションを改善しましょう

人間工学というと堅苦しく聞こえますが、驚くほど楽しく簡単です。恩恵は計り知れません - あなたの空間の人間工学の最適化に役立つ最高のツールとリソースを一カ所に集めました。あなたに最適なフィットを見つけ、その心地良さを実感してください。

あなたに最適なフィット

5つの人間工学的ヒント

あなたに最適なフィット:5つの人間工学的ヒント

人間工学に基づいたワークステーションは、快適で生産的な一日と、腰痛やそれ以上の痛みを抱えた一日との違いを意味します。ここにあるのは、あなたに最適な空間を作るのに役立つ5つの分かりやすいヒントです。

人間工学が簡単にします

あなたの快適ゾーンに入りましょう—そのゾーンとは

3部構成の 人間工学的方程式 は、あなたが直面し得る人間工学的な問題への答えを提供します。あなたの作業スペースを 中立姿勢 + 自発的な運動 + 休憩時間 で考慮し、最適なフィットを見つけましょう。

第 1

中立姿勢

ディスプレイ、マウス、キーボードを正しく配置します
その結果、歪みや疲労が減少し、エネルギーが増えます… 詳細 + 
これはあなたの「パワーゾーン」に入ります。肘を体の中央に近づけ、肩を開き、顎と前腕を床と同じ高さにして、快適で、エネルギー消費をほとんど必要としない姿勢を自然に奨励することによって、体へのストレスを最小限に抑えます。
第 2

自発的な運動

日常のコンピュータ作業に運動を取り入れましょう
これによって、 姿勢疲労は、 リセットボタンを押すのと同じように、軽減されます… 詳細 +
人間工学と一般的健康に最適です。ある姿勢から次の姿勢への移行では、—特に立つから座るへの移行は、— 循環、カロリー燃焼、インスリン管理を改善しつつ、姿勢の不良や座り過ぎによる累積的な危険を防ぐのに役立ちます。
第 3

休憩時間

短時間の休憩を頻繁に取りましょう
しばらく座ったままの姿勢から立ち上がることは、回復的な姿勢にもなります… 詳細 +
これで、体の休息と回復が可能になります。ただし、休息は座ることを意味するとは思わないでください!それは実際にあなたが取っていた姿勢からの休憩ということです。しばらく座っていた場合、立ち上がることは回復的な姿勢になります。定期的に休憩し、時々ストレッチすることは、目、手首と体をリラックさせる素晴らしい方法です。

正しいマウントは、正しい人間工学的ゾーンに入ることができる、最大限の柔軟性を提供します。ただフォローするだけ この人間工学的ヒントのリストで、体への負担を減らし、反復運動損傷のリスク(RSI)を減らします。

あなたの空間を評価
どこから始めるかわかりませんか?作業空間のレイアウトの評価からやってみましょう。
調整してみましょう
このツールを使用して、モニターとキーボードをあなたのパワーゾーンに配置します。
ゲームをしましょう!
人間工学は簡単でしょう?問題の分野を見つけて、あなたのスキルをテストしましょう。
人間工学に基づく恩恵計算機
人間工学的ワークステーションが、生産性の増加を通してどのように恩恵をもたらすのかをご覧ください。

座っている時間計算機

あなたは実際に一日どのくらい座っていますか。あなたの数値を計算し、その時間を減らすメリットを発見しましょう。

カロリー燃焼計算機
日中に立っていると、座っているよりも50カロリー余分に燃焼できます。その差を計算するお手伝いをします。
健康に関する研究

健康に関する研究

私たちは運動と人間工学についてどれほど多くの事を知っているでしょうか。私たちは、座ることが多い行動について世界中の研究者と研究し、その研究に Ergotron 製品を使用していただきました。

詳細

快適なコンピュータ操作

まだしていないですか?あなたの作業を可能な限り快適にする方法をさらに多く見つけてください。

もっと詳しく知る (これは英語サイトです)

環境改善のために立ち上がろう!

30年以上にわたり、Ergotron は、世界の思考リーダー、研究者、「スタンディングを好む人々」のコミュニティと協力して、座りがちな行動を減らす重要性に関する意識を高めてきました。

もっと詳しく知る (これは英語サイトです)

ウェルネス製品

当社は動作を扱う企業として、お客様の健康と生産性を向上させる革新的で人間工学的な製品をデザインすることに専心しています。

WorkFit-T

デスク変換タイプの昇降デスク

WorkFit-D

フルタイプの昇降デスク

WorkFit-C

モバイル昇降デスク

LearnFit

教室用昇降デスク

エルゴトロン製品のための人間工学指標

より健康な職場を作る時のニーズに最適なエルゴトロン製品を選ぶのに、ガイドとしてこのテーブルをご利用ください。

カテゴリ 調整 利点

タイプ 1
製品をご覧ください。

傾き/左右回転

画面の上から下へ焦点の距離を等しく;グレア/反射を低減し、キーボードの角度を調整します

タイプ 2
製品をご覧ください

5&Quot; 持ち上げ、傾き/左右に回転する

姿勢に合わせて高さを再配置します。ステーションでのユーザの平均範囲に対応

タイプ 3
製品をご覧ください。

13&Quot; 持ち上げ、傾き/左右に回転する

アプリケーションの柔軟性を促進します。姿勢に合わせて並べ替えます。1ステーションにつき、広範囲(95%)のユーザを収容

タイプ 4
製品をご覧ください。

15&Quot;+ 持ち上げ、方向け/左右に回転させる

同じステーションで座位または立位で仕事をします。アプリケーションの柔軟性を促進します。姿勢に合わせて並べ替えます