Skip to main content

人間工学と健康

健康な仕事スタイルのために、あなたのワークステーションを改善しましょう

人間工学というと堅苦しく聞こえますが、驚くほど楽しく簡単です。恩恵は計り知れません - あなたの空間の人間工学の最適化に役立つ最高のツールとリソースを一カ所に集めました。あなたに最適なフィットを見つけ、その心地良さを実感してください。

あなたに最適なフィット

5つの人間工学的ヒント

あなたに最適なフィット:5つの人間工学的ヒント

人間工学に基づいたワークステーションは、快適で生産的な一日と、腰痛やそれ以上の痛みを抱えた一日との違いを意味します。ここにあるのは、あなたに最適な空間を作るのに役立つ5つの分かりやすいヒントです。

ムーブメントの会社として、私たちは、人間工学が広く知られていながらも、ほとんど理解されていないことを知っています。そのため、私たちは人間工学の主要なトピックに関する洞察を共有し、お客様の前進をサポートしています。

Mental health and ergonomics

Mental Health

Support a healthy mind and body

To make a stronger, healthier and more comfortable you, we need to talk about your physical and mental health. Did you know that movement has a positive impact on your mental health? Here’s how.

Movement and ergonomics

Movement

Thrive with movement

Taking care of your body and supporting a feel-good workday starts by simply adding regular movement to your workstyle. Whether it’s using a sit-stand workstation or leading a walking meeting, research shows that your heart, mood, back and neck will thank you.

Posture and ergonomics

Posture

Fire that frontal lobe

Did you know your posture and your brain’s frontal lobe have a shared interest? Research shows that bad posture does more than hurt your neck and spine. It negatively affects the frontal lobe, which is responsible for key tasks like problem solving and memory.

人間工学が簡単にします

あなたの快適ゾーンに入りましょう—そのゾーンとは

3部構成の 人間工学的方程式 は、あなたが直面し得る人間工学的な問題への答えを提供します。あなたの作業スペースを 中立姿勢 + 自発的な運動 + 休憩時間 で考慮し、最適なフィットを見つけましょう。

第 1

中立姿勢

ディスプレイ、マウス、キーボードを正しく配置します
その結果、歪みや疲労が減少し、エネルギーが増えます… 詳細 + 
これはあなたの「パワーゾーン」に入ります。肘を体の中央に近づけ、肩を開き、顎と前腕を床と同じ高さにして、快適で、エネルギー消費をほとんど必要としない姿勢を自然に奨励することによって、体へのストレスを最小限に抑えます。
第 2

自発的な運動

日常のコンピュータ作業に運動を取り入れましょう
これによって、 姿勢疲労は、 リセットボタンを押すのと同じように、軽減されます… 詳細 +
人間工学と一般的健康に最適です。ある姿勢から次の姿勢への移行では、—特に立つから座るへの移行は、— 循環、カロリー燃焼、インスリン管理を改善しつつ、姿勢の不良や座り過ぎによる累積的な危険を防ぐのに役立ちます。
第 3

休憩時間

短時間の休憩を頻繁に取りましょう
しばらく座ったままの姿勢から立ち上がることは、回復的な姿勢にもなります… 詳細 +
これで、体の休息と回復が可能になります。ただし、休息は座ることを意味するとは思わないでください!それは実際にあなたが取っていた姿勢からの休憩ということです。しばらく座っていた場合、立ち上がることは回復的な姿勢になります。定期的に休憩し、時々ストレッチすることは、目、手首と体をリラックさせる素晴らしい方法です。

正しいマウントは、正しい人間工学的ゾーンに入ることができる、最大限の柔軟性を提供します。ただフォローするだけ この人間工学的ヒントのリストで、体への負担を減らし、反復運動損傷のリスク(RSI)を減らします。

過剰に座っていることの危険性

人間の身体は、動くように設計されています。20世紀半ばに、急速な技術の進歩によって 身体を動かすことが少なくなり始め、技術がより多くの重労働を行うにようになるにつれて、人はますます座りがちになりました。

12時間

12時間

12時間は、平均的な人が1日に座っている(座りがちな)時間です。

4番目の主なリスク要因

4番目の主な

全世界の死亡者の主な危険要因の第4番目は、身体活動の欠如です。

320万人が死亡

320万

年間320万人の死亡は、世界的に肉体的不活発に関連しています。

ウェルネス製品

当社は動作を扱う企業として、お客様の健康と生産性を向上させる革新的で人間工学的な製品をデザインすることに専心しています。

エルゴトロン製品のための人間工学指標

より健康な職場を作る時のニーズに最適なエルゴトロン製品を選ぶのに、ガイドとしてこのテーブルをご利用ください。

カテゴリ 調整 利点

タイプ 1
製品をご覧ください。

傾き/左右回転

画面の上から下へ焦点の距離を等しく;グレア/反射を低減し、キーボードの角度を調整します

タイプ 2
製品をご覧ください

5&Quot; 持ち上げ、傾き/左右に回転する

姿勢に合わせて高さを再配置します。ステーションでのユーザの平均範囲に対応

タイプ 3
製品をご覧ください。

13&Quot; 持ち上げ、傾き/左右に回転する

アプリケーションの柔軟性を促進します。姿勢に合わせて並べ替えます。1ステーションにつき、広範囲(95%)のユーザを収容

タイプ 4
製品をご覧ください。

15&Quot;+ 持ち上げ、方向け/左右に回転させる

同じステーションで座位または立位で仕事をします。アプリケーションの柔軟性を促進します。姿勢に合わせて並べ替えます