Skip to main content

人間工学に基づいた式

人間工学はどのように作業に快適さをもたらすでしょうか

快適なコンピューター操作は、自分の身体の体験に注意を払うことから始まります。快適なコンピューティングの人間工学的方程式を定義する3つの基本要素中立の姿勢 + 自発的な運動 + 休息。

WorkFit™: 快適に作業しましょう

Ergotron 製品は、職場の移動文化を育み、ユーザーに快適性、柔軟性、健康的な働き方を提供します。座位と立位を定期的に切り替えて、運動のすべてのメリットを享受してお楽しみください。

中立の姿勢

自然で快適に感じます。
より少ないエネルギーを使います。
かかるストレスは最小限になります。

自発的な運動

所定の位置に座るよりも疲れにくくなります。
用心深くバランスを取るの
を助け、血液循環を改善します。

休憩時間

定期的に短時間の休憩をとりましょう。
軽い運動やストレッチを行いましょう。
目、手首、手をリラックスします。


人間工学に基づいた式グラフ

快適なコンピューティング

これらの要素が一体となって、幸せで健康な従業員をサポートする健康の全体像に貢献します。つまり、一日の終わりの痛みが少なくなり、慢性的な怪我が少なくなり、あらゆるタスクをこなすのに集中できるようになります。詳細を学ぶ準備はできていますか?

人間工学的ヒント

モニターとキーボードの配置に注意すれば、目、腕、肩、首への負担が楽になります。これらのヒントはお役に立つはずです!

モニターのヒント

  • モニターの高さは、画面の上部が目のレベルより少し低いくらいの位置に調節しましょう。画面を見るときは、わずかに下を見ているような状態が理想です。
  • モニターと目の距離は、50cm以上に保ちましょう。目安は、まっすぐ伸ばした状態の腕の長さの距離です。画面が大きければ大きいほど、距離が必要になります。
  • 窓や照明からの眩しい光を削減するよう、画面位置を調整しましょう。
  • 照明条件が適うようであれば、画面を10度~20度後ろへ傾けましょう。この角度にすることで、画面の上から下までを流して見た時に、目と画面の距離が一定に保たれます。例外:遠近両用眼鏡をお使いの方は、モニターを目の高さよりも低めにし、画面を30度~40度後ろへ傾けて上向きにします。
Monitor tips graphic

キーボードのヒント

  • キーボードの中心がヒジと水平になるように調整しましょう。
  • キーボードを後ろに10度傾けることで、手首を水平に保つことができます。
Keyboard tips graphic

一般的なヒント

  • 調整できるイスを利用し、時々快適な状態に直しましょう。
  • 定期的に6メートル以上先の被写体を見ることで、目を休ませましょう。
  • 時々立って、腕と背中のストレッチをしましょう。
  • 目の前にある書類やモニターを見続けて、頭を殆ど動かさない状態になってしまいがちです。時々意識的に目を離しましょう。
  • たとえ理想的な環境で作業していても、ずっと同じ姿勢を続けることは、筋肉疲労を招きます。モニター、キーボード、イスの位置を定期的に調整して、姿勢を柔軟に保ちましょう。
General Ergonomic tips graphic