Skip to main content

推奨事項

あなたのワークスペースは、適正なようです。

あなたは不必要な身体的ストレスにさらされているようです。
図中の数字は、あなたがいいえと回答した番号と、ストレスを減らす方法を示しています。

改善策

  1. 画面の上部を目の高さ、またはその少し下に配置し、10~20°後ろに傾けます。遠近両用眼鏡を使用している場合は、顎の高さまで下げて、30~40°後ろに傾けます。
  2. ディスプレイを目から50~75cmの位置になるように動かします。遠近両用眼鏡を使用している場合、約40cm離します。
  3. キーボードを肘の高さに置きます。約10°後ろに傾けます。手首を支えるために、リストレストを使用してください。
  4. キーボードを肘の高さに置きます。 胸を広く開きましょう。
  5. 腰の角度を90~120°に保ちながら足が床につくようにイスの高さを調整します。
  6. モニター、キーボード、イスを定期的に配置し直して、適切な配置を保ちましょう。調整機能付きのモニターマウントを取り付けてみましょう。
  7. 座りがちな行動を減らすために、仕事作業中に定期的に立ちあがってみましょう。座位立位調節付きのワークステーションが役立ちます。

人間工学方程式を確認して 、仕事環境をさらに最適化しましょう。

ワークスペースプランナーを使い 、デスクやイス、モニターなどを最適な高さに配置します。

WorkFit-Z Mini Sit Stand Desk Converter

私たちがお手伝いします

私たちは座位立位に対応する製品のパイオニアとして、お客様ににフィットする解決策を提案します。

Touchscreen Graphic

ワークスペースの写真をこちらにメールでお送りください。[email protected]

あなたのスペースに最適な解決策をご案内します。